ダイエットの非常識を僕が教えます。痩せるのが簡単だと僕が言い切る理由

初めまして、病院で働いている鈴木と言います。

恥ずかしながら、僕は以前体重が95.7kgありました。

 

社会人になって、僕は3年ちょいで20kg以上太ってしまったのです。

 

だけどもともと僕は太っていたわけではなく、

医療系の専門学校に行っていて、3年間1人暮らしをしていたのですが、

そのときは適性体重を維持していたんですよ。

 

まぁこれはただただお金がなかっただけなんですが。

ちなみに身長は178cmです。

 

そしてやっとこさ国家資格を取って、

「これで社会人としてお金を稼ぐぞー!!」

と僕は働いていたわけです。

 

・・・

・・

 

そして太った。

これでもかというくらい太った。

 

当時は彼女でしたが、今の奥さんと社会人になってから同棲を始めたんですね。

 

いやー、奥さんのご飯が美味しいわけですよ。

しかもですよ。

 

学生の時にはお金もそうだし、さすがに1人ではいけなかった焼肉の食べ放題に行ってしまう。

なぜ家から5分のところに焼肉キングがあるのでしょうか?

これは「さぁ、いらっしゃい」と言われているようなものですよね。

 

行きます。元を取ろうと食べまくります。

 

そして3年かけて僕の見た目は徐々に醜くなりました。

 

デブです。

 

職場の方から「最近太ってきたでしょ」とからかわれるのを、笑いのネタにしていましたがまぎれもないデブです。

 

自分ではいくらぽっちゃりと言っていてもデブでした。

 

 

リアルに『糖尿病』を心配されました。

「それは大丈夫ですよー」と笑いながら言っていたものの、血液検査のデータは誰にも見せられるようなものではありませんでした。

 

でも僕はそこから1年かけて25.8kg痩せることができました。

十の桁を3回変えたんです。

 

僕は痩せることって超超超超超超超超(×100)つらい。

 

そんなふうに思っていました。

 

 

実際にここまで太るまでに何もやらなかったわけじゃないです。

糖質制限やらカロリー制限、ジムに行って運動やら、ビリーズブートキャンプやら。

あらゆるダイエットに挑戦したと言っても過言ではないです。

 

テレビで〇〇はダイエットにいいと言われれば、隣がスーパーだったので、次の日に早速買いに行く。

 

そして1週間くらいかなり我慢して続けるのですが、

「なんだこれ、頑張ってんのに痩せないじゃん。
これはきっと自分にはあっていないんだな」

と言い訳していつの間にかやめてしまう。

 

そんなこんなで僕はデブになったんです。

 

だけどあまりにも太っていく僕の姿を見るに見かねたのでしょう。

お世話になっている職場の病院の先生が

ある日1枚の紙を持ってきたくれたんです。

 

それが僕のデブ人生を180度変えてくれました。

 

日に日に落ちていく体重を見て、

「うおーーーーー!!!!!また減ってるぞ!!!」

なんてすごく嬉しかったのを覚えています。

 

 

しかも僕の固定観念だった、

痩せる=つらい

を破壊してくれたんです。

 

はっきり言います。

痩せることがつらいと思っているうちは絶対に痩せません。

いや、つらいダイエットをしているうちは痩せないと言い換えてもいいでしょう。

 

でもそう思ってしまうのもしょうがないんですよ。

だって世の中にある情報ってつらいダイエットばっかり、、

「なんで〇〇を教えてあげないの?」

なんて憤りを感じています。

 

そして僕は1つの仮説にたどり着きました。

「あっ、これ教えたらジムとか痩せるっていう謳い文句のあれやこれや全部潰れるからじゃね?」と、、

個人的にダイエットはたった1つの成分を摂れば、解決できると思っています。

 

今もし

「自分にはダイエットが必要かも、、」

そう考えている方には必ず役に立つはずです!

 

つらいダイエットは続かないんです。

 

僕の3年間が身をもって証明しています(笑

もしあなたが『痩せる=つらい』と思っていたら、今回僕が25.8kg痩せた方法は確実に驚愕を受けます。

 

そして今までつらいダイエットを経験していればいるほど、

「なんでもっと早く知ることができなかったんだろう、、」

と嘆くことに違いない!

 

そんな僕の25.8kgの壮絶のようなまったりしたダイエットの物語になります。

今から3分で「お腹すいたな、、」というつらさから解放する秘技を授けます!(笑

早速紹介します!
僕が使ったあるサプリ

僕の職場では毎週木曜日に患者さんの検査の結果を担当の先生と一緒に確認するというものがあるんですね。

いわゆるカンファレンスというやつです。

 

僕たちのように医師ではなくて、病院で働いている人をコメディカルというんですが、、

 

病院によっては「コメディカルが口出しするな」なんて病院もあるみたいですけど、僕のところはコメディカルの意見もしっかり聞いてくれるところだったんですよね。

 

そのカンファレンスをするために検査室に集まっているところに、先生が来たわけですよ。

でっ、おもむろに僕に1枚の紙を渡して来ました。

 

僕「なんですかこれ?」

先生「鈴木くん、最近ちょっと太ってきてるから、その対策。
この前健康診断したときにね(笑」

僕「あっ、そういえば先生が健康診断の担当でしたね。
その話は内密に、、」

 

いやー、恥ずかしいことこの上なし。

太った自分がしょうがないのですが、さすがに知っている人に見られるのは恥ずかしかった。

 

それで気になるのは『紙』ですね。

これが何かというと、ある論文だったんですよ。

 

その内容というのが、、

「〇〇を摂取したグループは摂取していないグループに比較して摂取カロリーが21%減少した」

なんかややこしいですね。

 

単純にいうと、

『摂取するだけで食べる量が減る』

ある成分はこんな研究結果があったんですよ!

何者だ!

それが、、、

『イヌリン』

この成分って僕は以前から知っていたんですね。

 

そりゃあ、まがりなりにも医療従事者ですから。

 

だから論文の最初の方を読んでいた時は、

「イヌリンなんて血糖値とかコレステロールとかでしょ。
ダイエットとなんら関係ないじゃん」

なんて思っていたんですよ。

 

先生ごめんなさい。
僕が間違っていました。

重要なのは食べるか食べないかだ!

結局のところ体重を落とす唯一の方法というのは

『摂取カロリー<消費カロリー』

こうする以外ないんですね。

 

「それを知っていて、なんで太ったんだ」というツッコミはスルーさせていただきますので、ご了承ください。
(知っていても止められない。それが食欲です。)

 

だからそのために運動をしたりとか、食事制限をしたりとかするわけじゃないですか。

 

それこそ1食置き換えダイエットとかなんて典型的なものですよね。

 

飲むだけで痩せるサプリは、、、

知らん!!!

んなもんあるわけがない。

脂肪が溶けるなら、飲んだら内臓全部溶けるぞ!!

 

まぁそれは置いといて、運動で痩せるためにはだいたい1kg落とすのにランニングだと100kmくらい走らないといけないの知ってます?

 

運動が悪いわけじゃないんですが、運動だけでは絶対に痩せないです。

じゃあ何が必要って、摂取カロリーを減らすことな必要なわけですよ。

 

これが一番重要なこと。

最も重要であり、最も大変なことなんですね。

 

だって食べたい!!!

 

人間にとって食欲というのは、なくてはならないものなんですよ。

「お腹がすいた。何か食べたいな」

これって本能的な部分なんですよ。

 

男の人なら石原さとみさんを見て「うわー、めっちゃ美人」
女の人なら坂口憲二を見て「イケメンだ!!」
(個人的な意見です)

 

と思ってしまうのと同じくらい、自然なことなわけです。

 

こんなん抑えられるわけがない。

 

毎日渡辺直美さんを前にして「美人だと思いなさい」と言われるくらい無理な話。
(もちろん個人的な意見です)

 

でもですよ。

もし食欲を自然に減らすことができたら絶対に痩せられると思いませんか?

 

僕は思います。

というか僕は痩せたんです。

 

イヌリンを飲んで食欲が減って、超自然に毎日の食事量が適正になりました。

飲むだけでです。

以前までは、あれだけつらいと思っていた食事量の調整が極々自然にできたわけですよ。

こんなの痩せないわけがない!

日本昔話から半分以下になった僕のご飯

最初に衝撃を受けたのが、飲み始めた当日でした。

 

朝飲んで出社して、12時すぎくらいにお昼を食べます。

社員食堂があって、おかずは大盛りにするとプラス100円ですが、ご飯はお代わり自由なんですね。

 

自分でよそうのでどれだけ盛ってもOK。

それが嬉しくて、最初の頃は日本昔話を彷彿とさせるくらい盛っていました。

 

だけど太り出してからは、少し抑えていたんですね。

 

抑えて思うのが

「もうちょい食べたい、、」

だけどそれを我慢して、家に帰るわけです。

 

そして家に帰れば、

「今日はお昼少し我慢したから、夜ちょっと食べてもいいよね」

と言ってご飯を食べる。

 

書いていてなんか悲しくなってきた。

太る理由がわかりますね。

 

なのですが、その日は違ったわけです。

いつものように少し抑えめにご飯をよそう。

A定食のおかずのサバの味噌煮と一緒に食べるわけです。

 

食べ終わった後になんとも言えない満足感。

もうそのままベッドにゴロンして寝たいくらいの満足感があったわけですよ。

 

「えっ?これってもしかしてイヌリンのおかげ?」

 

なんて正直半信半疑だったわけです。

 

だけど次の日も同じ感じ。

その次の日も、、

そして徐々に僕のご飯の量は減っていったわけです。

 

「鈴木くん、ダイエット中?」

なんて笑いながら聞かれるのですが、正直ダイエットをしている気がしないので反応に困る。

 

ただイヌリンを飲んで、お腹いっぱいになる食事量をとっているだけなんで。

そして体重計に乗るのが楽しくなる

僕は朝起きてまずはシャワーを浴びるのですが、その時に体重計に乗って体重を測るんですね。

 

イヌリンを飲んでからは、この時間が超楽しみなんですよ。

スマホの体重管理アプリを使っていたのですが、右肩下がりにどんどん減っていく。

 

唯一右肩下がりで喜べるのは体重くらいですね(笑

 

イヌリンを飲んで、仕事に行って、1日普通に過ごす。

 

2ヶ月くらいする頃には、白米だけで考えると半分くらいの量で満足できるようになりました。

 

いや、以前の自分どんだけ食ってんねん(笑

 

たまに職場の方とご飯を食べに行ったりすると、少し体重が戻ってしまうこともあるのですが、数日もすると元どおり。

これがめっちゃ嬉しかったですね。

 

そして半年くらいした頃に、今まで履いていたジーパンが履けなくなるというね。逆の意味で。

僕はデブから脱出しました。

僕の場合には、かなり体重を落とす必要があったので目標まで1年くらいかかりました。

 

なんですが1年もかかったという感じではなくて、ただただ1年間普通に生活をしていただけなんですね。

イヌリンを飲んで。

 

ふとその時に思ったことが、

「あー、ダイエットが失敗する理由って頑張るからなんだな」

っていうことに気づいたわけですよ。

ダイエットは過酷ではない

冒頭にも書いたのですが、僕は痩せるというのはすごくつらいことをしなければいけないと思っていたんですね。

事実そういう情報がたくさんあります。

 

だけど今回イヌリンを使って僕は

『正しいダイエット=つらくない』

ということを知ることができました。

 

最近はジムに行こうかななんて考えているんですよ。

 

「えっ?なんで今更ジム?」と思いますよね。

というのもジムって痩せるために行くものではなく、綺麗な体を作るために行くんですよ。

むしろ体重増やすのが正解なんじゃないかと個人的には思っています。

 

あのめちゃくちゃ高いジムが痩せるのは徹底的な食事管理をしているからですしね。

カロリーを計算して、筋肉をつけるためにタンパク質を摂取して、、

痩せるし綺麗になるけど、つらいよね。

 

個人的に僕は

『痩せるためには頑張ってはいけない!』

こう思っています。

 

自然に痩せる方法じゃないと痩せることができないんです。

いや、僕とは違って「自制心」がめちゃくちゃ強い人なら別です。

 

だけどもし「食べたいなー、、」という欲求を我慢するのがつらいならイヌリンを試してみてください。

 

お世辞かもしれないですが、痩せた後に超綺麗な職場の先輩に

「鈴木くん、痩せてかっこよくなったんじゃない!」

なんて言われたわけですよ。

「あっ、僕奥さんいるので惚れちゃダメですよ」

と返したら笑っていました。

 

うん。何が言いたいのかわからないですが、そのくらい楽しいです。

 

ナルシストと言われるかもしれないんですが、鏡を見るとすごく嬉しくて朝からモチベーションが上がります。

何より自分にも出来たんだという自信がついて、今度は筋肉をつけるためにジムに行こうと思っています。

痩せただけなのに人生めちゃくちゃ充実しているんです。

 

痩せるってただただ体重が減るだけじゃないんですよ。

それによって自信もつくし、見た目が良くなる。

 

見た目がいいとおしゃれも楽しいし、それを着て出かけるのもすごく楽しい。

太っていた時って、めんどくさくてどこにも行かない。

 

休日になっても疲れが残ってしまっていて、昼過ぎまで寝ていることもざらにある。

 

でも痩せてからは次の日に疲れが残らないんですよ。

高校生くらいの元気を取り戻した感じです。

さすがに言い過ぎか?でもそのくらい元気です(笑

 

僕自身がそうだったのですが、太っているときはダイエットがつらすぎて

「もう太ったままでいいかな、、」

なんて思っていました。

 

だってつらいんですもん。

 

いくら頑張って数キロ痩せても無理をしているから、数週間経つと元に戻るどころかリバウンドをしてしまう。

そりゃあつらいと思ってしまうのも当たり前ですよね。

 

でもイヌリンは違ったんです。

 

だから僕は今ならこう言えます。

『痩せるのはつらくない!』

そう思わせてくれたイヌリンに本当に感謝です。

 

あっ、教えてくれた先生にも感謝です。
後日美味しいお菓子を持って行きました。

終わり

 

ここからは僕がイヌリンを調べたことをまとめました。

購入する際の参考にしてください。

4つのイヌリン

イヌリンは結構有名な成分なので調べてみると、4つほどイヌリンに関するサプリが出てきました。

この4つです。

ルックルック
イヌリン
菊芋の力 紅菊芋パウダー 金の菊芋
イヌリン内容量
(mg)
46,000 45,000 表記なし 22,500
定期縛り なし 3回 3回 なし
定期
1回目
2980円 2000円 3218円 2980円
2回目以降 4276円 3800円 3974円 3456円
単品 4752円 4200円 4298円 4763円

※金額は送料・税込になっています。

 

以前ある定期縛りのサプリで騙された経験があるので、じっくりと検討しました。

 

そして僕が購入を決めたのは、、

『ルックルックイヌリン』

 

調べて見ると迷う必要なかったです。

ルックルックイヌリンの決め手は?

だって他のイヌリンサプリとは違ったわけです。

・定期縛りがない
→ちゃんとしたものならわざわざ縛らなくても使い続けるから縛る必要なし

 

・イヌリンの含有量
→値段が安くても含有量が少なくて、同じ量のイヌリンを摂取するとむしろ高くつく場合もある

 

・ビフィズス菌が入っている
→実はイヌリンにはビフィズス菌の効果を強める働きがあるので、イヌリンを摂取するならビフィズス菌も摂らないともったいない

正直なんで他のサプリにこれが入っていないのか不思議でした。

 

・他に比べてお得すぎる
→ビフィズス菌もそうなんですが、すごくいいナットウキナーゼや玉ねぎの成分も入っていて、他に比べてお得過ぎです。

 

ここら辺については公式のページに詳しく載っているので、読んで見てくださいね。

 

正直お得過ぎて「また騙されるんじゃないか?」という不安もあったのですが、定期縛りもないしとりあえずルックルックイヌリンを購入しました。

全てのダイエット番組はイヌリンに変えるべきだと思う!

ということで長くなりましたが、これが僕が使っているイヌリンのサプリです!

↓↓↓↓↓

控えめにいって最高のイヌリンサプリ

多分「あれ?」と思うはず。

それもそのはずでイヌリンって血糖値とかコレステロールとかの上昇を抑えるということが多くのところで言われているんですね。

これもちゃんとデータがあります。

 

だからそっちを必要として買う方がほとんどなんです。

なので画像がね(笑

 

だから本来僕のような用途で使うことは、ほぼないし知らない人が多数だと思います。

なんですが、まぁ騙されたと思って使ってやってください(笑

かなり衝撃を受けてもらえるはずです。

 

 

ちなみに、、、

 

こういったサプリって公式よりも楽天とかAmazonの方が安かったりするんで、

「騙されんぞ!ちゃんと安いところから買ってやるからな!」

 

と思って調べたら、

楽天とAmazonでは単品で買うのと同じくらいの金額でした(笑

 

なのでキャンペーン中の公式が一番安かったです^^

 

ただこのキャンペーン300名限定らしいので、確認してくださいね。

もしキャンペーン中だったらお早めに!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

控えめにいって最高のイヌリンサプリ

 

ではここまで読んでいただきありがとうございました。